上手く使えばキャッシングは便利な手段です。

キャッシングって聞くと、取立て、消費者金融とかいうキーワードが浮かんできて、
やっちゃいけない事のような気がしていました。
学校でもそう習ったし、親からも金だけは借りることはするなと言われて生きてきました。

 

でも、どうしてもそのお金が足りなくて、キャッシングしてしまいました。
最初は、奥さんにお小遣い頂戴を言えなくて数万円。次の給料日にすぐに返しました。

 

次は、ちょっと投資信託をしてみようと数十万円、投資信託自体はそんなに儲からず、
金利分をボーナスを利用して返しました。

 


どこのキャッシング業者もそうなのですが、
借り入れの電話をかけるとすごい声のきれいな女性が応対してくれて、
とっても丁寧な対応をして、あっという間にお金を貸してくれます。

もちろん、機械の場合は、機械の声ですが。

 

とある時、返済日を過ぎてしまった事があります。というか、忘れていたのです。
突然電話がかかってきて、男の人の声で返済日を過ぎてますと言われました。
手持ちのお金もなく慌てて、ちょっと待ってもらえませんかと言うと、わかりましたと了承してくれました。

 

危なくブラックリストに載るところでしたが、何とか返済する事ができました。
キャッシングは、雪ダルマ式に増えていくイメージがある方もいらっしゃると思いますが、
ちゃんと自分のお金を管理していれば、便利なものです。

 

経済情勢が悪く、給料の少ない、でも遊びたい方々。
計画的に利用すれば、結構良いものではないでしょうか。

金を借りないということ

もらってきたばかりの給料を、賭け事に使ってしまうことなどしょっちゅうでしたし、万が一上手く儲けたとしても、毎日のように飲みに出かけてあっという間に使ってしまいますし。幸い都合が悪くなると帰ってこなくなる人でもあったので、看護婦をしていた母の給料が食いつぶされることはなかったのですが、あるとき父に少なくない額の借金があることが発覚しました。
母は烈火のごとく怒って父を追い返し、それきりです。母の稼ぎで中学を出、工業高校を経て私が社会人となった今になっても、父の消息はつかめていません。
風の噂では実家に泣きつき、借金を肩代わりしてもらったとか。父と離婚をした時点で母と私はあちらの家族に縁をきられていたので、詳しくはわかりません。
とにかくそういうことがあり、母は借金という言葉に非常に敏感になりました。お金を借りないがモットーで、私の奨学金でさえも断ってしまったぐらいです。
そんな母の言いつけもあり、今私の財布にはクレジットカードというのが一枚もありません。現在社会において非常に不便なことなのですが、絶対にローンを抱えるなという母の気持ちもわかるので、複雑な気分です。
とりあえず今の目標は、ローンを使わずに現金で家を建てることですね。