旅先でキャッシングできて助かった

旅行中は、何があっても大丈夫なように、いつも現金を多めに持っていくようにしています。
現金は、財布と旅行鞄の二箇所に必ず分けて入れるようにしているのですが、宿では必ず金庫にしまうようにしているんです。
と、いつも用心しているのに、この間でかけた旅行で思いっきりドジってしまったんです。

 

というのも、財布は鞄にしまったのに、旅行鞄に入れておく分の現金を封筒に入れたまま宿に置いてきちゃったんです。
それに気が付いたのは、宿を後にして電車に乗ってしまった後。

 

宿から携帯に忘れ物の電話がかかってきて、それが現金入りの封筒だったんですよ。
忘れ物自体は、自宅に郵送してもらえることになっていたので大丈夫なのですが、
問題は私の財布にお金がすっからかんなことなんです。

 

前日の夜に、調子に乗ってバーやカラオケに繰り出して、パーッとお金を使ってしまったんですよね。
後で封筒から財布にお金を移せばいいやと思っていたので、財布には数百円しか入っていません。

 

一緒に出かけた友達に借りるのも嫌だったので、初めてクレジットカードのキャッシング機能を使いました。
降りた駅にあったコンビニで本当にお金が借りられるのかドキドキしながらATMで機械を操作しましたが、
難しい操作もなく簡単に借りられました。
おかげで、昼食代も旅行のお土産も買うことができ、旅行を楽しめました。

 

キャッシング機能は今まで使ったことがなかったけれど、便利なものだなと思いました。

恥ずかしい話ですが

恥ずかしい話ですが自分で好き勝手にお金を使った挙げ句に借金まで背負ってしまったことがあるくらいです。最初のきっかけは本当に些細なことでした。お金を借りまくっていた友人から、どうしてもすぐに返済を迫られたのです。

 

いくら責められても返すお金がないというと消費者金融で借りてこいと言います。なんだか責められるのも嫌になってすぐに返してあげようと無人契約機に向かったのですが、これがまた非常に簡単に借り入れができるのですね。

 

身に付けていたのが身分証明くらいなのに勤め先にも勝手に確認をとってくれてその日のうちにお金を借りることができました。それが発端となってしまって次々と借りれる限りは借りました。それらを使い尽くしてからが本当の地獄でした。返済しても返済してもいっこうに元本が減らないと思ったらリボ払いになっていて利息ばかり支払うようにあとから気づいて慌てて設定を変えたりもしました。

 

さすがに一度あそこまで慌てさせてもらったからにはもう借金の怖さを知れたので二度とやろうとは思いません。自分で自分の使うお金にセーブをかけて実力に見あったお金の使い方をするように心がけています。