行きは良い良い 帰りは怖い

クレジットカードのキャッシングを利用し、現在も返済中です。

 

急な支払いが発生した時、仕事を辞めて次が見つかるまでのつなぎでどうしても困った時など、
嗜好品ではなく最低限の運転資金として利用しました。

 

次の給料日で返済できる状況なら、前借り的に一括で払えば利息もわずかで済んだのですが、
ある程度まとまったお金をリボ払いで借りたのは失敗でした。

 

いつまで経っても支払いは終わらないし、利息がかかってものすごく損をしています。
当座そのお金がなければしのげなかったのだから仕方ないとは思っていますが、
そもそもそんな風にしなければ乗りきれないような状況をよしとした自分の責任なのは間違いありません。

 

「ご利用は計画的に」という一文の重みは、使った人間でないと分からないものですね。
現在は家計の無駄を見直し、切り詰めるものは切り詰めたので少しずつ余裕が出てきています。

 

近いうちに毎月の返済額を変更して、早めに繰り上げ返済できるように頑張りたいです。

手っ取り早く融資をしてもらうか

おそらく、ローンを組むときには保証人や担保のどちらかが必要になってくるかと思いますけど、
キャッシングにはそういった面倒なものを用意する必要がありません。
ですので、気軽さでいえば圧倒的にキャッシングの方がいいんですよね。

 

しかし、何のために使うのかをはっきりとさせたローンの方が、
借り入れの際と違ってすっきり返済できる可能性は高いと思います。

 

やはり気軽で便利すぎるキャッシングと、しっかりとしているローンとでは意識レベルで違ってくるものです。
これから借り入れを行おうと考えている人は、今一度どちらの金融商品を選ぶべきかを考えてみてくださいね。

 

意外と知られていないこの方法なんですけど、皆さんはどういったものだと思いますか?
これは昔から基本的に変わっていないのですが、審査の通過したしないに限らず、
キャッシング業者さんがお客さまのご自宅に直接電話をすることが多いそうです。
もちろん業者によっては会社に電話することがあるかもしれませんが。

 

ちなみに、家族に内緒でキャッシングをしようと思っていたり、
会社の同僚にバレてしまうのが嫌な人は、だったら借り入れのお申し込みをするのをやめよう、

だなんて思うかもしれませんが、実際のところ、

 

最近のキャッシング業者はとっても親切な傾向にあり、
いくら審査に不合格だったとしても、お客さまに電話したときにちゃんと個人名を使って
電話をしてくれたり、保険会社の○○ですがといったように工夫と気遣いをしてくれるそうです。

 

大手のキャッシングサイトほどこのように対応をしてくれるところが多いですので、
気兼ねなく融資の相談をしてみてください。