キャッシングのイメージ

キャッシングのイメージは、利用している人と利用していない人とでは大分違うと思います。
私はお金の貸し借り自体に抵抗があり、キャッシングを利用した事がありません。
その為、気軽にお金が借りられるというのが、良い事なのか悪い事なのか良く分かりません。

 

ただ、お金を借りる人と、お金を貸す会社に対しては、あまり良い印象は持っていないというのが正直な感想です。
キャッシングをする人は、金銭感覚が緩くお金にだらしないから。

 

そんなイメージしかなく、お金を貸す会社は、大手の都市銀行やクレジットカード会社などは別にしても、

やはりキャッシング=サラ金というイメージが強く、違法金利や、悪質な取り立て、お金を回収するまで執拗に追い込む、
裏に暴力団が絡んでいるなど、TVの悪いニュースや事件の印象しかありません。

 

キャッシングを利用しない人からすれば、良い所はなかなか見えず、悪い所ばかりの印象が強く残ってしまいます。
でも、お金を必要とする状況になったら、また違う印象を持つかもしれません。

 

ただ、キャッシング=借金をする事には変わりないので、ちゃんと計画を立てて利用しないと、後々困るのは自分自身です。
それが出来ない人は、キャッシングには手を出すべきではありません。

借金をしたことがありますが、バカな借金でした。

私は、昔、バカな借金をしたことがあります。その借金の額は約700万円消費者金融400万円銀行系200万円で、クレジットカードのキャッシングで100万円の合計700万円を借金していました。金利を含めると相当な額を毎月返済していたことになります。

 

そもそもの借金の原因は近くに住んでいる先輩に騙されたことが発端ですが、しかしそれはきっかけで、最終的には自身の金銭感覚の麻痺により借金を作ったものだと思います。というのも当時は、借金をしていても、翌月には百万程度なら返済できるぐらい稼いでいました。会社では、毎月コンテストがあり、トップの成績者には賞金が100万円というバブル全盛期の時だったので、毎月その賞金を取りました、

 

だから給与含めて毎月180万円ぐらいは稼いでいました。毎月生活費としては10万円程度の家賃と光熱費程度があれば後はすべて自由にできるお金でした。なので借金をしていますが、すぐ返せるので借金しているという感覚はなかったです。

 

ただ、貯蓄は一切していなかったので、給与以外にお金が必要になると、どうしても借金をするしかありあせんでしたから。消費者金融などで借金をせざるを得ませんでした。当時、借りたお金で使っていたことは夜の街での飲食代に使うことでした。

 

一晩で100万円使った事もあります。その時は、消費者金融や、付き合いのある銀行にお金を借りて使ったのを覚えています。はっきりいってその時の気持ちを振り返るとお金は本当に使えば使うほど自分の思うようにお金が動くと思っていました。ですが、ある時を境にピタリとやめえ借金を完済して、今は住宅ローンしか借金をしていません。