プロミスの自営業者向けカードローン

自営業

今回は、プロミスのキャッシングの1つである自営業者向けのカードローンについてです。
一般の方への融資はもちろんのこと、プロミスでは自営者の方のためにも専用のサービスをご用意しております。

 

フリーキャッシングと同じく、限度額は最大300万円となっていて、スピード審査を実現しています。
急に事業資金が必要になってしまった、そんなときにはとても便利ですね。
もちろんプライベートな資金にもすることができます。

 

そして、こちらもフリーキャッシングと同じになってしまうのですが、
全国のプロミスと提携しているATMなどから気軽にお金を出し入れすることもできますよ。

 

お申し込みの方法についてなんですけど、
プロミスの自動契約機や電話、店頭窓口や郵送などを利用してお申し込みをすることができます。

お申し込みの後に送られてきた書類をもとに審査をし、指定した連絡先に結果を連絡します。

 

ご契約については、プロミスの自動契約機や店頭窓口で直接お手続きをしてください。
その他、貸付条件などについては基本的にフリーキャッシングと変わりません。
担保や保証人が不必要となっており、自営業者の方にはオススメできます。


親身になって相談

相談

親身になって相談してもらいたい方は、キャッシングサイトのサポートページなどから、
直接スタッフの方に相談してもらってはいかがでしょうか?

 

もちろん、店頭窓口の方まで行って直接面談をして相談に乗ってもらうのもいいんですけど、
仕事などでお忙しいような人には、メールサポートの方をオススメします。

 

今すぐにお金が必要だとしても、未来のことを考えずに不必要な借り入れをするのは避けてください。

しっかりと金利や返済状況についても考慮しながらキャッシングは行う必要がありますので、
自身のない人は遠慮なく相談をしてみるといいですね。

 

利息を支払うときになってから後悔するのはもう時すでに遅しですから、
そこら辺のことは気をつけましょう。

 

金利と実質年利の違い

 

よくキャッシング業者のサイトに実質年利という表記がされているのをご存知でしょうか?
そういった実質年利という表現には、どういった意味があるのかを説明します。

 

まず、金利とは、キャッシングなどを利用して借り入れた金額に対する利息の割合のことです。
お金を借りた場合には、無利息期間でなければ必ず手数料などを含めて利息を支払うことが義務です。
この利息の1年分を、借り入れた金額で割ったものが金利と呼ばれています。

 

そして、金利と実質年利の違いについてなんですけど、
銀行や政府系の金融機関の住宅ローンや、各種の融資などの場合には、
金利といえば単純に利息制限法に基づいた利息の割合と言えるのですが、

 

消費者金融の場合には違っていて、借金にかかる経費などのすべてを含んだ数字が、
キャッシングの金利として提示されるみたいです。なので、実際の金利という意味で実質年率と呼ばれます。