プロミスのご返済期日に関すること

期限

キャッシングにおいて返済期日はとても重要なものです。
ですので、いくら大手のキャッシングサイト「プロミス」で借りるからといっても、
くれぐれも油断をせずに慎重な融資を受けることをオススメします。

 

今回は、プロミスのご返済期日に関することについてです。

 

プロミスの返済期日は、基本的に休業日や土日、祝日などに当たる場合には翌営業日へと変わります。
あくまでも計画的な返済をしてもらうために、できれば給料日の当日だったり、
数日後に返済期日を設定した方がいいですね。

 

なお、初めてキャッシングをする方の場合には、借り入れをした日によって返済期日は変わります。
借り入れた日が1日〜19日だった場合は、毎月5日、借り入れ日の翌月の返済期日であったり、
15日〜末日であったら、毎月末日、お借り入れ日の翌月の返済期日であったりと、
いつプロミスでキャッシングをするかによって返済期日を決めることができるものだと思われます。

 

なお、詳しい返済期日に関する詳細については、公式サイトを見てもらった方が理解しやすいと思います。

 

○○月○○日に借り入れた場合には、返済期日が○○月○○日になる、といったような形で
例を紹介していますので、とても分かりすいでしょう。

 

いずれにせよ、こういったことは事前にしっかりと確認しておいた方が得策です。
計画性のあるキャッシングをして、後で戸惑うことのないようにしておきましょうね。


ご利用は計画的に。

計画

キャッシングで一番お得にお金を借り入れる方法は、別のページでも紹介している通り、
業者ごとのそれぞれの利率を比較してみることです。

 

ただ、必ずしも利率だけで選べばいいのか、と言われるとそうでもありませんので、
ご自身にあった一番の方法を試してみることをオススメします。

 

人によっては、借り入れの限度額の方が重要であったり、審査のスピードを重視している人もいますからね。

 

それらのことを考えないのであれば、やはりキャッシングは利率で比較するのが一番だと思います。

 

一般的には、法律によって利率は年の利率を表記しなければいけないことになっています。
ただし、ごくまれに月の利率といっしょに表記して、こちらの方に目がいくように仕向けているところも
世の中にはありますので、お気をつけください。

 

とはいえ、このサイトで紹介しているキャッシングサイトにはそういったところはありませんけどね。

 

それらのことを参考に業者を選択したら、どれくらい借りたいのか、
返済時にはどれくらいの利息を支払うことになるのかなどを十分に考えてください。

 

例えば、利率が10%の場合には、1年間で100万円借りたとして10万円の利息が発生します。
ですが、もし1ヶ月で利息も含めて返済できるのであれば、利率が10%ですので、
1ヶ月あたりの利息はおよそ8000円程度となっています。

 

もしお金を借りるのであれば、できるだけ短い期間で返済できるようにするのが一番お得かもしれません。

 

こういったものは、基本的にあんまり長いこと利用し続けるのはまずいですね。
利息はどんどん溜まっていくものですし、返済期間が長引けば長引くほど
返済は大変になっていってしまうものですから。

 

金利の極力低い業者を選んで、できるだけ早めに返済できるようにしましょう。
くれぐれもご利用は計画的に。