プロミスと貸金業法について

法律

今回は、プロミス貸金業法に関わる情報を提供していきたいと思います。
お金を借りる行為を行うときには、この法律は必ず守らなければいけません。
プロミスでは厳守をしているので心配はいりませんが、消費者である私たちも少しくらいは
理解しておいた方がためになるかもしれませんからね。

 

2010年に貸金業法が改正され、総量規制と呼ばれるものが適用されました。
これは、他社からの借り入れも含み、全ての消費者金融からの借金を制限するためのものです。
一般的な消費者金融から私たちがお金を借りる場合には、年収の3分の1までしか総合でも
融資を受けることができなくなりました。

 

ただし、銀行系のキャッシングサイトは対象外となっております。
プロミスやアコム、モビット、レイク、などの銀行系のカードローンなどは総量規制の対象外です。

 

他にも、クレジットカードでショッピングをするときの商品購入についても対象外となりました。

 

あともう1つ、貸金業法の改正と言えば、上限金利が低下したこともありますね。
利息制限法を越えてキャッシングをすることができなくなりましたので、
1年間で最大で20%までしか消費者金融は設定をすることができません。

 

このように、貸金業法は時代とともに改正を続けてきました。
仮にプロミスの貸付条件に影響を与えるとしても、
より健全にキャッシングをしてもらうためには、このような改正は必要だと思います。


プロミスの商品のご案内

サービス

プロミスには、それぞれのお客様のキャッシングの目的別に、
たくさんの種類のキャッシングプランをご用意させていただいております。
以下2つの他にも豊富な金融商品もありますので、詳しくは公式でご確認ください。

 

□フリーキャッシング

 

フリーキャッシングでは、最大で300万円までのご利用限度額の範囲内で、
コンビニなどのATMを利用することによって、自由に出し入れを行うことができます。
もちろんキャッシングですので、担保や保証人は必要ありません。
本人確認書類については、運転免許証などをご用意していただければokです。

 

また、プロミスのフリーキャッシングでは、主婦や学生の方、もしくは、
パートやアルバイトの方でも安定した収入さえあればお申し込みができるものとなっています。

 

□おまとめローン

 

複数のキャッシング業者から借り入れを行っている人には、
プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンがオススメです。
1ヶ月の中で、何度も何度も返済を迫られるのは嫌ですよね。
そういったお客さまのために、複数あるローンを1つにおまとめすることができます。
お客様の負担を減らし、毎月の返済計画をしっかりと立て直して、最適なプランを実行しましょう。